人事担当からのメッセージ

人事部  道端健太

インフラ整備の第一線で活躍できる技術者に!

 建設業は、土木と建築のジャンルに分けられ、当社では土木事業をメインに、道路の建設、山や河川の整備・補修など、いわゆるインフラ整備の工事を手がけています。これらは、人々が安心して暮らせる環境を整え、たくさんの方のお役に立てる、とてもやりがいのある仕事です。
 昔、建設業界は、キツイ、汚い、危険の3Kといわれていました。しかし現在では、国の新しい方針として「新3K」という取り組みが行われています。それは、「給料」・「休暇」の充実、そして、ICT技術の活用などによる「希望」あふれる職場の実現です。当社においても「新3K」を進めており、交代による休暇取得の促進、ドローンを使った3次元測量による業務の効率化などを実践しています。

 私たちの仕事において大切なことは、「建設業に興味がある」という気持ち、そして、コミュニケーション能力です。建設工事には、発注者や協力会社など多くの人たちとの円滑なコミュニケーションが欠かせません。幸い当社には、面倒見のよい先輩社員がたくさんおります。「人と話すのは苦手」という方も、入社後、日々の活動の中で「話す力」を磨いていただくことができます。
 インフラ整備の第一線で活躍できる技術者を目指し、ぜひ皆さんの持てる力を『道端組』で存分に発揮してください。